読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オリンピック招致への反対意見をテレビは紹介しない

もうすぐ2020年のオリンピック開催都市が決定します。

東京の立候補が決まった以上、誘致に向けた活動が本格的になってテレビも追随するのは当然なのですが、客観的事実として、オリンピック誘致に反対だった人たちの意見も取り上げてほしかったなぁ、と思います。

半年前の時点なら、福島の原子力発電所事故の対策も順調でオリンピック開催に対して問題にならないだろう、と思われましたが、ここにきて危険度レベル3の汚染水漏れが発生し、国際的に東京でオリンピックするのはどうだろう? という意見が強くなってきているのではないか、と思われます。

個人的には東京ではなくイスタンブールがふさわしい、と思うのですが、今のトルコの政治情勢が芳しくなく、治安も良くないのが難点です。

実際のところ、福島と東京は離れていて原発爆発事故の後でも東京における放射線被害は特に大きいものではなかったといえるでしょう。今後、同じ規模の放射線漏れ事故が起きる可能性は残っているし、もしかするともっとひどい放射線漏れが発生するかもしれません。特に昨日、今日と発生した竜巻が福島で起きないとも限りませんから。

それでも東京には風説の被害は甚大になっても放射線被害はX線撮影をする程度にもならないだろうと思います。
しかし放射線は見えず、イメージによって恐怖心があおられますから、オリンピック誘致に対するイメージ被害は大きいと思います。

逆に考えると、東京にオリンピック誘致が決まると、福島の原発に対する対策が今以上に重要になる、と考えられるので、原発対策のためには東京オリンピックが実施される方がいいのかもしれません。