読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

過剰な反応だよなぁ

今年の夏休みでは、迷惑行為をしている最中の写真をネットにアップして炎上する、ということが広まっています。

アルバイトしている店の冷蔵庫に入って写真を撮るとか、コンビニのアイス用冷蔵庫に寝っ転がっている写真をとるとか、精米所の米櫃の中に入って写真を撮るとか。

写真を撮ったら、人に見せたくなるのが人情というもので、彼ら/彼女たちは仲間内で写真を見せびらかすつもりでネットにアップしてしまった。どうも彼らはツイッターとかフェイスブックがネット上のサービスで、公開されているということが分かっていなかったようです。

ネットが広がる前にもこういった迷惑行為を行う輩はいたのですが、その場だけであったり、先生に見つかってこっぴどく怒られたり、とそれほど大きなことにはなっていなかったと思います。
それがネットになって多数の人々の目に留まるようになってしまった。そこでこうした迷惑行為に対して断固たる処置が必要になりました。

ピザーラの店員が不適切な行為を行って炎上という件があり、その当事者が今度は客として入っていた西友でも悪ふざけをしました。
http://getnews.jp/archives/405776

お店側は什器の撤去、商品入れ替え、かごの洗浄、店内清掃、さらには臨時休業にして専門業者による特別清掃を行っています。

これには驚きます。

やんちゃな幼児が台車に乗って走り回るとか、洗っていない汚れた手で商品をつかんでしまうとか、店内でお漏らししてしまうとか、時々ありますけど、臨時休業して専門業者による特別清掃を行うでしょうか?

特別清掃は、感染症の蔓延を防ぐためのものです。
特別清掃によって、他の客に対して清潔感と安心感をもたらすのが目的であろうとは思いますが、この不適切な行動をとった人たちを自分たちの社会から排除したい、という無意識の差別意識が働いていなかったのか? と疑念がわきます。

まぁ、こういった迷惑行為を行っている人たちが「自分たちはマイノリティーで排除されている」という感覚を持っているのかどうかわかりませんが、彼ら/彼女らのコミュニティーは反社会的な行動の温床になっているのかもしれません。ちょっとした迷惑行為がコミュニティーの中で一目置かれるようになる下地があるとか。

それにしても特別清掃は大げさに過ぎるんじゃないでしょうかね。