読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暑いですね

今日は高知県の四万十市で観測史上最高となる、41℃となったそうです。

6年前も暑かったですが、この暑さで上昇気流が発生し、積乱雲となり夕立として地上に雨を降らせる、というのが夏の天気です。
大粒の雨が短時間にどーっと降るのですが、昔に比べ、最近の夕立は雨の量が半端ないですね。これは上昇気流で暖かく湿った空気が冷やされて水滴になるだけでなく、北の方からくる冷たい空気とぶつかって冷やされ、水滴になるためで、上昇気流によるものより温度差があってたくさんの水蒸気が水滴になって落ちてくるからでしょう。
にしても局地的なのはどうしてなのか気になります。

もう少し広い範囲で雨の勢いも少なくなれば、気温が下がって過ごしやすくなるのになぁ、という気がします。局所的なのでその地域では気温が下がりますが、周りの暖かい空気が流れ込んできて涼しい時はあっという間。

猛暑だとビール会社が儲かるといいますけど、景気が良くなるようならちょっとはましでしょうか。
GDP年率換算の発表では+2.6%ということなので、自分の懐にもちょっとは期待できるでしょうか。